忍者ブログ
行ってきましたよ、G3ラストダンジョン。格闘キャラのQatarで。

というわけで、今回はG3ラスダンにおける格闘キャラの鬼門中の鬼門、
「変種・ジャイアントワーム」対処法を書き留めておきます。

G3ネタバレ情報に当たるかもしれないので、未攻略で情報を仕入れたくない人は注意。


なお、実際に戦闘を行った時のQatarの防御性能は
防御31・保護18
です。
「守護のお守り」も装備しての数値ですが、このレポの時は日曜だったので、
他の曜日なら保護14でもなんとかなるはず。



「変種・ジャイアントワーム」基本スペック


G3ラスト、バオルダンジョンにのみ登場。
ティルナノイのフィールド等に生息する「ジャイアントワーム」の変種。性能は桁違い。
ラストダンジョンを進む中、ただのジャイアントワームは次第に可愛く見えてくる。

いかつくなった外見に相応しく、各種パッシブシールドが追加されている。
特に魔法に対しては滅法強く、魔法ダメージは全て1にされてしまう。
しかし、ヘビー・スタンダー(HS)のランクも高く、ナチュラル・シールド(NS)で弓まで弾くため、
結局はFBカウンターで根気よく戦うのが最も効率的となる。

バオルダンジョン5Fは変種・ジャイアントワームが嫌というほど出現し、
プレイヤーの気を重くさせていく。





格闘法

※先に断っておきますが、今回のは少々邪道かもしれません。

変種・ジャイアントワームは、素で殴ると体感8割ぐらいの確率でHSが出ます。
100%ではありませんが、アタックしたらほぼ確実に弾かれると思って間違いありません。

この時点でアタック、次いで、アタックに繋ぐしかないディフェンスは危険。

やはりヘビー・スタンダー対策(カウンター・ミル)を基本に据えることになるわけですが、
なにせ、直感的な動きで攻めてくる動物系。
ミルまで行っても、さらに突っ込んでくる可能性が極めて高い。

ミル後ディフェンスし、アタック1打+カウンターが運良く通ったとしても、
すぐにまたミル後の窮地がやってきてしまいます。
HSが出た時点でライフを半分以上持っていかれるので、この調子だと9割方敗北します。

そこで、ちょっと荒業。


jaiwa.jpg



























ヒーリング・シールド!

結構知られてるけど、使い道なんて無いだろうと思われているTIPS!
・ヒーリングはストック数に応じて防御が上昇する!(フルストックで防御+20)

そして、おそらくほとんどの方は知らず、知った所ですぐに忘れ去っていいような超豆知識!
・ヒーリングはウインドミルの回転モーションをキャンセルしながら詠唱できる!

この二つを利用し、ミルの後にヒーリングを纏います。

上のSSのダメージを見てもらえればわかると思いますが、
トゲアリ変種のダメージはこれによって10~30程度にまで抑えることが可能です。
(ヒーリングシールドにより、Qatarの防御は51に)

後は簡単だ!


殴 ら れ ろ !



逆転の発想です。
一度吹っ飛ばされてしまえば、カウンターが使えるんです。

ディフェンスでいくらか抜かれた上、ほぼ確実にHSが発動し、無防備に殴られることに比べれば、
これはメリットだらけの選択になります。

ついでに、ヒールを纏っている状態は割と時間的余裕があり、
魔法チャージ状態なのでPOT飲み放題。
減ったHP、MP、SPはここで調整をかけ、次のターンに備えましょう。

ヒーリングがかなりMPを食っていくので、
MPはできる限りマックス近くまで回復するようにすると安全です。


ちなみに、なぜ邪道かといえば、
格闘縛りと言いつつも、魔法のヒーリングに頼った戦法だからですね。
戦闘間の回復、PTメンバーの回復等に使う用途で取得していたモノを利用したわけですが、
本質的な格闘縛りからすればこれも戦闘中の魔法利用となり、反則ワザになる気がします。

個人的には面白いのでOKですが。





トゲアリとトゲナシ

ヒール上から殴られてて気付きましたが、
二種類の変種・ジャイアントワームは打撃性能に結構差があるようですな。


jaiwa3.jpg












トゲアリ

単発の打撃力がやや低く、打数が多い。
ATKはおそらく80前後で、4~5回も殴ってくる。
ただし、何か飽きっぽく、2~3回殴っただけで横に走り出したりするので、
殴られ始めても希望を捨てずにカウンターを挟めば挽回できる可能性がある。

普通のプレイヤーとしてはこちらのほうが脅威だが、
上記の格闘法で戦う場合、こちらのほうがカモである。

プチラヴォスに見えて仕方が無い。



jaiwa2.jpg








トゲナシ

単発の打撃力が高く、打撃回数が少ない。
ATKはおそらく110前後、2回攻撃。
ヒーリングシールドを使っても50程度のダメージを食らうので、上記戦闘法だとかなり不利に。
一般的なFBカウンターではカウンターのダメージがトゲアリより高くなり、御しやすい。





おまけ

変種・ジャイアントワームが起き上がりながら光ったらラッキータイム。
すかさず石をぶつけましょう。これでディフェンス固定状態になります。

この状態なら放置しても安全なので、
負傷などが酷くなっていても悠々と治療することができます。
休憩明けのスマッシュブレイクも悠々とできます。

もちろん、回復の必要が無く、ブレイクに自信があるのなら、
石投げを挟まずに即スマッシュしてしまっても問題ありません。
タイミングは割とギリギリですけどね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人:キユー
絵・漫画に関わるお仕事、

随時募集中です。

ご意見・ご感想なども

お待ちしておりますよー。



連絡先: morningoya◎gmail.com

(二重丸を@に変換してください)
朝までゴーヤ作品、委託販売展開中!
(バナークリックで販売物一覧へ)
pixivなう
質問・感想等はこちらから
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]