忍者ブログ
20061229_hukuza.jpg

























知り合いに協力してもらって色々実験したので、複座戦闘の使い勝手を簡単にメモ。

複座式騎乗戦闘の特性


ターゲットとしては一機扱い

馬のみが狙われるため、上に乗ってるキャラが一人でも二人でも狙われることはない。
このため、1:1属性を持つ相手に対しては圧倒的な強さを持つ。(おそらく)
(過剰な攻撃を受けて落馬した場合、ターゲットはそれぞれに分散する)


火矢使用不可

騎乗戦闘の特徴だが、地味に悲しい。

「矢筒装備時」の特性の誤認。通常矢装備中なら問題なし。


操縦手の特性

・移動全般を担当
・走りながらレンジアタック準備可能、即時射撃可能
・マグナムショット準備時、歩行移動(移動先を指定しつつ準備した場合は走行を維持)


射撃手の特性

・移動は操縦主任せ
・走りながらレンジアタック準備可能、停止時のみ射撃可能
マグナムショット準備時も走行可能、照準&射撃は停止時のみ


使い所

1:1属性を持っている敵が多く出現するダンジョンでは、連携次第でかなり強力になるはず。
しかし、多数性向の敵に対するパフォーマンスは良いとは言えず、
二人分の戦力を投入する価値のある戦場があるかどうかが微妙な所。

弓以外の戦法が通じにくい敵を駆逐するには有効かもしれないが、
「ARがあればそれでいいじゃん」と言われてしまうと存在意義が怪しくなる悲しさ。
マグナムショット二連装など、ARにマネの出来ないパフォーマンスもあるにはあるが。

ついでに言えば、馬の制限時間もなかなかの痛打である。

結論として、「二人以上の連携が要求される」という面倒さを超える性能は期待できないだろう。
戦車のようなプレイは、見た目に派手で楽しいけれども。


なお、サポートショット、ミラージュミサイル等を交えた場合については未検証。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
管理人:キユー
絵・漫画に関わるお仕事、

随時募集中です。

ご意見・ご感想なども

お待ちしておりますよー。



連絡先: morningoya◎gmail.com

(二重丸を@に変換してください)
朝までゴーヤ作品、委託販売展開中!
(バナークリックで販売物一覧へ)
pixivなう
質問・感想等はこちらから
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]